36.大野のおしょうゆ100ml

36.大野のおしょうゆ100ml

甘さの余韻つづく福井県の甘口醤油

36大野のおしょうゆ

北陸の小京都とよばれ冬には豪雪地帯となる地。醤油のしょっぱさを最初に感じ、口の中で甘さがじわっと伸びてくるタイプ。焼きおにぎりにおいしかったという声も多いです。

原材料 :食塩、脱脂加工大豆、小麦、アミノ酸液、砂糖混合ぶどう糖果糖液糖、水飴/アルコール、調味料(アミノ酸等)、甘味料(甘草、ステビア)、ビタミンB1

野村醤油

越前おおので愛されている醤油

「九州の醤油は甘い!」と聞いたことがある方は多いと思いますが、北陸地方も甘いタイプの醤油が好まれています。このような醤油に慣れていない方は驚かれるかもしれませんが、スーパーに行くと甘口タイプの醤油がずらりと並んでいたりもします。大野のおしょうゆは、醤油のしょっぱさを最初に感じ口の中で甘さがじわっと伸びてきて醤油らしさと甘さのバランスに優れています。

野村醤油

大本山永平寺御用達の老舗の醤油屋

広大な森林をもつ福井県大野市は湧水の宝庫。市街地には名水百選に選ばれている「御清水」をはじめとする湧水地がいくつもあり、名水のまちとして知られています。その素晴らしい水があることで醸造業が発展したそうです。野村醤油は明治初期創業で、甘口醤油以外にもこの地域では珍しく丸大豆を使用して麹づくりから手掛けている数少ない蔵で天然醸造醤油を造り続けています。

野村醤油

しっかり味がごはんによく合う

「このお醤油で焼きおにぎり作るとおいしいわよ」とお客様に教えていただきました。大野のおしょうゆは、醤油もしっかり甘みもしっかりしていてごはんとよく合います。焼くと鼻に抜ける香ばしい香りもたまりません。子供にも人気の焼きおにぎりです。

野村醤油

酢とも相性が良い甘口

醤油感と甘みのバランスが良い大野のおしょうゆは、酢の物にもおすすめ。酢:醤油:砂糖を4:1:1で味付け。甘さと酸っぱさのバランスがとれ、砂糖は少なめでもコクと甘みを感じる味わいになります。

そして、ぽん酢づくりにも甘い醤油は大活躍。だし・醤油・酢・果汁を5:2:1:1で合わせるだけで簡単自家製ぽん酢の出来上がり。市販のぽん酢のあの味が苦手…という方はぜひ試してみてください。さっぱりとした甘みが豚しゃぶとの相性もいいですよ。

野村醤油

甘口醤油で刺身を食べたい方へ

「寿司や刺身におすすめはどれですか?」という質問をよくいただきます。お客様にどのように召し上がりたいのかを伺うのですが、その答えは大きく3タイプ。,△辰気蝓伸濃厚/4展なのですが、甘口派の方によくおすすめするのが大野のおしょうゆです。特にイカを食べるときには、醤油の甘さがイカのうま味を引き立てて、食べ終わるまでしっかりとイカの食感も楽しめます。

野村醤油

野村醤油

福井県大野市

古くは桶づくりを営む老舗。明治初期に味噌・醤油を造りはじめました。醤油造りには数値で計れる部分と計れない部分がある。美味しくなれよ!と想いを込めることが大切。

商品名 36.大野のおしょうゆ100ml
販売価格 432円(税込)

職人醤油の直営店のご案内

全ての銘柄を試食しながらお選びいただけます

前橋本店

〒371-0013
群馬県前橋市西片貝町5-4-8
TEL 027-225-0012
営業時間:10時〜18時/月曜定休

松屋銀座店

〒104-8130
東京都中央区銀座3-6-1
松屋銀座 地下2階
TEL 03-3567-1211(大代表)
営業時間:10時〜20時